戦争は残酷だ 福島で資料展 模擬原爆の模型など /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島の高校生が描いた原爆の絵を見る銘苅旺(ひかる)さん(奥)ら=福島市で2021年8月13日、肥沼直寛撮影
広島の高校生が描いた原爆の絵を見る銘苅旺(ひかる)さん(奥)ら=福島市で2021年8月13日、肥沼直寛撮影

 福島市内に投下された模擬原爆の模型などを展示し、戦争の残酷さを伝える資料展「ふくしま 平和のための戦争展」が、福島市三河南町のコラッセふくしまで2年ぶりに開かれている。

 福島市渡利付近に投下された「模擬原爆」の実物大模型(長さ3・5メートル、直径1・5メートル)を中心に、戦時中に国民の戦意をあおっ…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

あわせて読みたい

注目の特集