天皇陛下「新たな試練」 今年もコロナ禍に思い 全国戦没者追悼式

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
降りしきる雨の中、全国戦没者追悼式に参列するため日本武道館に入る遺族ら=東京都千代田区で2021年8月15日午前10時19分、小川昌宏撮影
降りしきる雨の中、全国戦没者追悼式に参列するため日本武道館に入る遺族ら=東京都千代田区で2021年8月15日午前10時19分、小川昌宏撮影

 新型コロナウイルスの感染状況悪化に伴い、戦没者遺族の出席が大幅に絞り込まれて行われた15日の全国戦没者追悼式。天皇陛下はおことばで平和への誓いを新たにしつつ、昨年に続いてコロナ禍にも言及された。ごく短い一文に、苦難に直面する人々に寄り添おうとする姿勢と、早期収束を願う気持ちがにじんだ。

 内容は昨年と同じ趣旨だが、コロナ禍の長期化を踏まえて表現を見直したと考えられる箇所もあ…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集