特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン、アフガン首都カブール以外の主要都市を制圧 権力移譲要求

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールの米大使館付近の建物から噴き上がる黒煙。タリバンは15日、カブール進攻を開始したと報じられている=カブールで2021年8月15日、AP
アフガニスタンの首都カブールの米大使館付近の建物から噴き上がる黒煙。タリバンは15日、カブール進攻を開始したと報じられている=カブールで2021年8月15日、AP

 アフガニスタンの旧支配勢力タリバンは15日、首都カブールへの進攻を開始した。ロイター通信がアフガン当局者の話として伝えた。これに先立ちタリバンは同日までに北部マザリシャリフ、東部ジャララバードも制圧し、カブールを除くすべての主要都市を支配下に置いた。タリバンはガニ大統領に対し権力の移譲を要求。窮地に追い込まれたガニ大統領は15日、隣国タジキスタンに逃れたとの報道もあり、アフガン情勢は大きな山場を迎えた。

 ロイター通信がタリバンの報道担当者の話として報じたところによると、タリバンはカブールを包囲する形で待機していた戦闘員に対し、市街地に入るよう命じた。地元メディアによると、アフガンの内相代行は15日、「平和的な(権力の)移行が行われる」と説明。詳細は不明だが、タリバン主導の政権運営が始まる可能性が高まっている。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1032文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集