福岡、佐賀、長崎、広島4県の家屋被害約3600件 記録的大雨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大雨特別警報が出され、14日に記録的雨量を観測した福岡、佐賀、長崎、広島4県の家屋被害が15日夕の時点で約3600件に上ることが各県への取材で明らかになった。犠牲者や行方不明者は長崎県雲仙市の死者1人の他、行方不明が3人、負傷者は重傷1人を含め5人となっている。

 4県の家屋被害は計3601件で、内訳は、福岡3213件▽佐賀267件▽広島102件▽長崎19件。床上・床下浸水は3479件で、土砂崩れなどによる全半壊、一部…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集