特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 神戸国際大付2-1北海 北海、雪辱ならず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【神戸国際大付2-1北海】9回2失点だった北海の先発・木村大成=阪神甲子園球場で2021年8月15日、山崎一輝撮影
【神戸国際大付2-1北海】9回2失点だった北海の先発・木村大成=阪神甲子園球場で2021年8月15日、山崎一輝撮影

 <夏・甲子園2021>

第3日(15日・阪神甲子園球場)

 <神戸国際大付2―1北海>

 神戸国際大付が今春のセンバツ開幕戦に続いて接戦を制した。二回に川西のスクイズと、山里の適時二塁打で2点を先取。投げては先発の阪上が5回1失点と力投し、2番手の楠本が4回無失点と好救援して逃げ切った。北海は五回に山田の適時二塁打で1点を返し、その後も終盤に好機を作ったが、あと1本が出なかった。

 今大会注目の左腕、北海のエース・木村は152球の熱投で最後までマウンドを守ったが、今春のセンバツ開幕戦でサヨナラ負けを喫した相手に、またも1点差ではね返された。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文669文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集