特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン進攻 米兵さらにアフガン増派 大使館業務は空港で継続

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールの米大使館付近の建物から噴き上がる黒煙。タリバンは15日、カブール進攻を開始したと報じられている=カブールで2021年8月15日、AP
アフガニスタンの首都カブールの米大使館付近の建物から噴き上がる黒煙。タリバンは15日、カブール進攻を開始したと報じられている=カブールで2021年8月15日、AP

 複数の米メディアは15日、米国防総省がアフガニスタンから退避する政府職員らの安全確保のために米兵1000人を増派し、駐留米軍を計6000人規模にすると報じた。バイデン大統領は14日に5000人規模の米兵配置を発表したばかり。旧支配勢力タリバンによるアフガンの首都カブール進攻など急激な事態の進展を受…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集