特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

州都初陥落からたった9日 タリバンはなぜ首都を制圧できたのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの大統領府に入ったタリバンの戦闘員ら=カブールで2021年8月15日、AP
アフガニスタンの大統領府に入ったタリバンの戦闘員ら=カブールで2021年8月15日、AP

 アフガニスタンの旧支配勢力タリバンによる15日の首都カブール制圧は、全34州ある州都の一つが初めて陥落してからわずか9日後のことだった。そのスピードは国際社会に衝撃を与え、旧タリバン政権時代の恐怖政治の復活にも懸念が広がる。【松井聡、岡崎英遠、前谷宏、ロンドン服部正法、飼手勇介、宮島寛】

米軍欠いた政府軍なすすべなく

 「主要都市が1週間で陥落した。予想外に迅速で比類のない勝利だ」。ロイター通信によると、タリバン政治部門トップのバラダル師は15日、ビデオ声明でこう誇った。一方、政府軍側は前線で孤立し、十分に抵抗できないまま撤退するケースが相次いだ。

 その要因の一つと指摘されるのが、…

この記事は有料記事です。

残り2954文字(全文3247文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集