特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラリンピックは原則無観客 学校観戦は認める 4者協議で決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 24日開幕の東京パラリンピックは、原則無観客で開催されることになった。16日夜、政府や東京都、大会組織委員会、国際パラリンピック委員会(IPC)の4者協議で決定した。一方、児童や生徒に観戦機会を設け、障害者への理解を深める機会にしようと、小中高校生らが学校単位で参加する「学校連携観戦プログラム」については希望者のみで実施する。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、競技会場のある東京、埼玉、千葉、静岡の4都県のうち、静岡を除く3都県は緊急事態宣言が発令中。東京オリンピックでは観客を入れて開催した静岡県も感染状況の悪化を考慮し、16日に宣言発令を政府に要請して宣言地域に追加される見通しとなった。全会場での原則無観客は避けられない情勢だった。マラソンなどは沿道での観戦自粛を求める。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文747文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集