特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

大阪桐蔭vs東海大菅生 屈指の好カード、カギは? 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪桐蔭の池田(左)と東海大菅生の本田
大阪桐蔭の池田(左)と東海大菅生の本田

 第103回全国高校野球選手権大会は、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、深紅の優勝旗をかけた熱戦が繰り広げられている。第5日は4試合の予定で、第3試合以降は2回戦に突入する。各試合の見どころを紹介する。(時間は試合開始予定)

第5日(17日)

大阪桐蔭(大阪)vs東海大菅生(西東京)=8時

 1回戦屈指の好カードは、打力に勝る大阪桐蔭がやや優位と見られる。

 6回目の優勝を狙う大阪桐蔭は、大阪大会のチーム打率が4割を超え、7試合で計70得点を挙げた。打率6割超の池田は決勝でサヨナラ打を放つなどチーム最多タイの14打点と勝負強い。最速150キロの左腕・松浦を中心とした投手陣も強力。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1098文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集