特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

盛岡大付「わんこそば打線」本領 主役は6番平内 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鹿島学園-盛岡大付】四回裏盛岡大付2死一、二塁、平内が右越え3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年8月16日、西夏生撮影
【鹿島学園-盛岡大付】四回裏盛岡大付2死一、二塁、平内が右越え3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年8月16日、西夏生撮影

 第103回全国高校野球選手権大会第4日は16日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、4年ぶり11回出場の盛岡大付(岩手)が、春夏通じて初出場の鹿島学園(茨城)を降した。8強入りした第99回大会に続いて初戦を突破した。大会第9日第1試合の2回戦で、沖縄尚学と対戦する。

 どこからでも点の取れる盛岡大付の「わんこそば打線」が、いきなり本領を発揮した。この日の主役は、6番の平内(ひらない)だ。

 三回まで1安打で、四回も簡単に2人が倒れた。だが4番・小針の左前打と南の四球で一、二塁。続く平内が左打席で初球の直球をとらえた打球は高々と上がり、右翼席中段に達した。第1打席は初球の直球を打ち損じていたが「自分は追い込まれたら弱い。打てると思った球は初球からフルスイングしようと決めている」。大舞台でも思い切りを失わなかった。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文676文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集