特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

パラ集火式・出立式 絆の火、未来へつなぐ 青森・三沢 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
出立式で県内で集火された火が点灯されたトーチを掲げる野沢英二さん(中央)=青森県三沢市の南山屋外運動場で2021年8月16日午後4時25分、平家勇大撮影
出立式で県内で集火された火が点灯されたトーチを掲げる野沢英二さん(中央)=青森県三沢市の南山屋外運動場で2021年8月16日午後4時25分、平家勇大撮影

 東京パラリンピックの聖火の「集火式」と、聖火を東京に送り出すための「出立式(しゅったつしき)」が15、16日の両日、青森市の三内丸山遺跡と三沢市の南山屋外運動場でそれぞれ開かれた。式典はいずれも無観客で行われ、市町村や県の代表として参加したスポーツ関係者や学生らはそれぞれの思いを胸に聖火をつないだ。【平家勇大】

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文988文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集