連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

大山明美さん=聴覚に障害がありながら作詞作曲をする

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

大山明美(おおやま・あけみ)さん(67)

 重度の聴覚障害のため、補聴器を着けないとほとんど音に気付けない。特に言葉や高音が聞き取りにくく、高音域は譜面を見てメロディーを想像しながらピアノを弾く。多くの人に難聴者の思いを理解してもらおうと、作詞作曲を続けている。

 2歳の時、風邪で高熱を出し、中度の難聴になった。それでも幼い頃から、聞いて覚えた歌はピアノで即興演奏ができた。自分の音感を信じて音大に進学。しかし、聴力がさらに低下し、中退せざるを得なかった。

 悔しさの中、「自分の力で運命を好転させたい」と一念発起。就職のためタイピストの資格を取ろうと勉強中、応募した楽曲がコンクールに入選した。働きながら曲を作り、結婚、子育てを経て再び活動に力を入れた。次第に楽曲の依頼が増え、CDも発売できた。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文694文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集