特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

菅首相「三つの柱で対策を確実に進める」 緊急事態宣言を拡大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染症対策本部の会合後、記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年8月17日午後9時2分、竹内幹撮影
新型コロナウイルス感染症対策本部の会合後、記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年8月17日午後9時2分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は17日夜の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を9月12日まで延長することなどについて説明した。菅首相の記者会見要旨は次の通り。

 <冒頭発言>

 全国各地で新規感染者数が急増し、これまでに経験のない感染拡大が続き、危機的な状況にある。政府の使命は国民の命を守ることであり、必要な人が必要な医療を受けられる医療体制を構築をすることだ。

 この危機を乗り越えるという強い決意のもとで医療体制の構築、感染防止、ワクチン接種という三つの柱からなる対策を確実に進めていく。第一の柱は医療体制の確保だ。酸素投与が必要になった場合には、病院などに設ける酸素ステーションに滞在していただくなど、速やかに酸素投与ができる体制を各地に構築する。中和抗体薬は重症化リスクを7割も減らすことができる画期的な薬だ。政府としては十分な量を確保している。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1042文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集