福岡、沖縄でベンチャー支援 三菱UFJ銀・笠本部長「手厚く」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じる三菱UFJ銀行の笠晶九州・沖縄本部長=福岡市中央区で2021年8月5日午前10時25分、植田憲尚撮影
インタビューに応じる三菱UFJ銀行の笠晶九州・沖縄本部長=福岡市中央区で2021年8月5日午前10時25分、植田憲尚撮影

 三菱UFJ銀行で九州・沖縄の業務を統括する笠晶(りゅうあきら)九州・沖縄本部長(52)は毎日新聞のインタビューに対し、当地のベンチャー企業や観光産業に向けた支援の強化に意欲を示した。主なやりとりは次の通り。【聞き手・植田憲尚】

 ――九州・沖縄でもベンチャー企業支援のために体制を整えているそうですね。

 ◆福岡や沖縄では行政が力を入れている。例えば福岡市は税制優遇のほか、九州大をはじめ学界との連携がスムーズで、成長の下地になっている。そこで2019年に福岡、20年には沖縄に専任の担当者を1人ずつ置いた。東京や大阪、名古屋では既に配置しており、福岡や沖縄でも支援を厚くしていきたい。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文608文字)

あわせて読みたい

ニュース特集