特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガン情勢 国連安保理「交渉通じ、包括的な新政府樹立を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国連安全保障理事会は16日、イスラム主義組織タリバンが全土を掌握したアフガニスタン情勢に関する緊急会合を開き、「交渉を通じ、女性の参加を含めた包括的で団結した新政府の樹立を求める」とする報道声明を発表した。安保理はタリバン政権を認めない見解を示してきたが、支援してきたガニ政権の崩壊を受け、民意を反映した政権移譲の要求に重点を移した。

 安保理はタリバンの猛攻を受けて今月3日、タリバンが自称する「アフガン・イスラム首長国」の復活は支持しないと確認。事態の緊迫を受けて協議していた議長声明案でも表明していた。16日の声明にその文言はなく、「女性や子供、少数派の権利を守る公正な政治的解決によってのみアフガン紛争の終結は達成できる」と強調。平和的解決のための緊急協議を行うよう当事者に求めた。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1046文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集