特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

米大統領「想定より早かった」 アフガン情勢の見通し甘さ認める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールの国際空港で、米軍機のそばを走る人々=カブールで16日、AP
アフガニスタンの首都カブールの国際空港で、米軍機のそばを走る人々=カブールで16日、AP

 バイデン米大統領は16日、イスラム主義組織タリバンが復権したアフガニスタンの情勢についてホワイトハウスで演説した。ガニ大統領が国外脱出し、アフガン政府軍がタリバンとほとんど戦わなかったことを挙げ「アフガン軍が自身のために戦わない戦争で、米軍が戦うべきではない」と述べ、8月末に予定する駐留米軍撤収の正当性を改めて主張。一方、撤収進展に伴い勢力を急拡大したタリバンについて「想定していたより早く展開した」と述べ、見通しの甘さも認めた。

 タリバンが15日に首都カブールを制圧して以降、バイデン氏が公式に発言するのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1054文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集