特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「搬送困難事案」全国で3361件 8月9~15日、過去最多

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、119番の救急患者の受け入れ先がすぐに見つからない「搬送困難事案」が今月9~15日の1週間で全国3361件(前週比16%増)あり、総務省消防庁が調査を始めた2020年4月以降、過去最多を更新した。このうち、発熱など新型コロナ感染が疑われる事案は半数を占めた。これまでの最多は「第3波」の3317件(1月11~17日)だった。

 「搬送困難事案」は、救急隊が医療機関に患者の受け入れを4回以上要請し、現場に滞在する時間が30分以上かかったケース。同庁が県庁所在地など救急搬送者の多い全国52の消防本部を対象に調べ、毎週公表している。東京都1837件(前週比20%増)▽横浜市354件(同33%増)▽千葉市157件(同37%増)――など、首都圏での増加が顕著になっている。大阪市は240件で、前週から14%減った。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文647文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集