作家の坂上弘さんが死去 「内向の世代」、日本芸術院会員

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「内向の世代」と呼ばれた作家の一人で日本芸術院会員の坂上弘(さかがみ・ひろし)さんが16日午後9時11分、がんのため千葉県我孫子市の病院で死去した。85歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男修(おさむ)さん。

 慶応大文学部に入学後、小説「息子と恋人」が芥川賞候補に。在学中の「ある秋…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集