特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

乗り越える、は違う パラカヌー・瀬立モニカ、障害は「バディー」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カヌー乗り場でくつろぐ瀬立モニカ選手=沖縄県大宜味村で2021年4月14日午前9時37分、五十嵐朋子撮影
カヌー乗り場でくつろぐ瀬立モニカ選手=沖縄県大宜味村で2021年4月14日午前9時37分、五十嵐朋子撮影

 「障害を乗り越えて」。かつてパラスポーツの新聞記事の見出しでは、そんな表現がよくみられた。パラカヌーの瀬立モニカ選手(23)に聞くと、少し考えて「それは違う」と言った。高校生の時、事故で脊髄(せきずい)を損傷し歩けなくなった瀬立選手は、「障害」をどう捉えているのか。【聞き手・五十嵐朋子】

 <瀬立選手は中学ではバスケットボール部に入り、地元・東京都江東区のカヌークラブにも所属するスポーツ少女だった。それが一変したのは高校1年の時。体育の授業で倒立前転を失敗して脊髄を損傷し、車いす生活になった>

この記事は有料記事です。

残り2173文字(全文2422文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集