サイバー「塀を高く」 伊東寛氏、企業に自衛策指南 21世紀の会 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
企業のサイバー防衛について話す伊東寛・情報通信研究機構主席研究員=東京都千代田区で2021年8月17日、田中成之撮影
企業のサイバー防衛について話す伊東寛・情報通信研究機構主席研究員=東京都千代田区で2021年8月17日、田中成之撮影

 「神奈川21世紀の会」主催の講演会が17日、オンライン形式で開かれた。自衛隊の「システム防護隊」(現サイバー防護隊)の初代隊長を務めた伊東寛・情報通信研究機構主席研究員が「企業におけるサイバー防衛」と題して講演。「表に出たサイバー被害はほんの一部。自分の身を守るために気をつけないと、大変な目に遭うかもしれない」と注意喚起した。

 伊東氏は自衛隊退官後、民間のサイバーセキュリティ企業の技術責任者や、経済産業省の審議官などを歴任した。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文589文字)

あわせて読みたい

ニュース特集