大雨で交通網混乱 前線停滞 和歌山市など、堤防崩れ通行止め /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大雨でのり面が崩れた紀の川の堤防。上部には県道が走る=和歌山市で、山口智撮影
大雨でのり面が崩れた紀の川の堤防。上部には県道が走る=和歌山市で、山口智撮影

 停滞する前線の影響で、県内各地では17日夜まで激しい雨が降り続き、和歌山市や海南市などに大雨警報や土砂災害警戒情報が発令された。和歌山市北島では紀の川の堤防の一部が崩れた影響で県道が通行止めに。その他、道路の冠水による通行止めや列車の運転取りやめなどがあり、交通網が混乱した。

 17日午後1時ごろ、和歌山市の北島橋北詰の南側にある堤防のり面が崩れているとの通報が通行人から和歌山北署に寄せられた。和歌山河川国道事務所によると、堤防上部に県道が走っており、道路下部の土が3カ所、最大約7メートルにわたってえぐれた。安全を考慮し、午後1時半過ぎから河西橋―北島橋間で普通車を通行…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

あわせて読みたい

注目の特集