特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

長崎原爆の日 碑に寄付者の芳名板 諫早で慰霊祭 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「寄付者の思いをくんで平和学習を広げていきたい」と話す高屋会長
「寄付者の思いをくんで平和学習を広げていきたい」と話す高屋会長

 長崎原爆の日の9日、76年前に原爆の犠牲者を火葬した諫早市天満町の百日紅(さるすべり)公園の慰霊碑前で慰霊祭が開かれた。

 慰霊碑は昨年、長崎被災協・被爆二世の会・諫早(高屋忠義会長)らが、約90個人・団体から寄付を集めて建立。慰霊祭に先立ち6日に寄付者名を記した芳名板が碑に取り付けられた。

 百日紅公園はJR諫早駅の北約1キロの丘…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文339文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集