特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ フランス追加接種へ 来月中旬、デルタ株対策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスのワクチン接種が進む欧州各国が、変異株「デルタ株」対策として「ブースター」と呼ばれる追加接種に動き出している。一方で世界保健機関(WHO)は途上国とのワクチン格差が広がるとして、性急な実施を思いとどまるよう訴えている。

 フランス政府は11日、9月中旬からブースター接種を実施する方針を表明した。対象は80歳以上や免疫疾患などを持つ人が想定されている。フランスでは人口の約6割で接種が完了したが、目標の8割に達していない。最近は1日の新規感染者数が3万人を超す日もあり、増加傾向が続く。

 国内では接種の拒否を含めた個人の選択を尊重するように政府に求めるデモが相次ぎ、ブースター接種に慎重な意見もあるが、マクロン大統領は「ウイルスとの闘いのために(追加接種は)必要だ」と国民に理解を求めている。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文820文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集