連載

感染症と闘う

病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。人類の脅威となった新型コロナウイルスを特集します。

連載一覧

感染症と闘う

自宅療養 血中酸素濃度の急低下に注意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの急速な感染拡大に伴い、自宅療養をする患者が増えている。軽症患者でも容体が急変することが、新型コロナの特徴だ。流行の主流となっているインド由来の変異株(デルタ株)は、従来株に比べて若い人でも重症化しやすいとされる。自宅療養での「万が一」を防ぐために、何に気をつけたらよいのだろうか。

 多くの新型コロナ患者は軽症のまま回復に向かうが、一部の患者は症状が急速に悪化する場合がある。感染拡大の第4波では、大阪府などで治療を受けられないまま亡くなる自宅療養者が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1256文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集