特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバンが初の記者会見 融和強調「女性尊重」「誰にも報復せず」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールで政権掌握後初めて記者会見を開くイスラム主義組織タリバンの報道担当者=17日、AP共同
アフガニスタンの首都カブールで政権掌握後初めて記者会見を開くイスラム主義組織タリバンの報道担当者=17日、AP共同

 アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは17日、首都カブールで政権掌握後初めて記者会見を開き「誰にも報復しない」と強調、敵対勢力や国軍を罪に問わず全国民に「恩赦」を与えると表明した。国内各派との融和を強調する狙いとみられる。これまで抑圧してきた女性の権利もイスラム法の下、尊重すると強調した。治安維持にも注力し、事実上の統治を本格化させた。

 タリバン報道担当者は記者会見で「占領から20年後に国は解放された。勝利を祝福する」と述べた上で、新政権樹立の交渉が「進行中」だと説明した。さらに「わが国の女性は教育や保健などの分野に参加する権利がある」と述べた。2001年に崩壊した旧タリバン政権の圧政に逆戻りする懸念を払拭(ふっしょく)し、国内外の支持を取り付けたい意向がありそうだが、新政権の具体像は依然として不透明で国際社会の危惧は強まっている。

 秩序の回復を図る一方で治安情勢はなお流動的で、日本外務省は…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文852文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集