特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン融和姿勢アピール 国際社会承認狙いか 市民不信根強く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見するタリバンのザビウラ・ムジャヒド報道担当者=カブールで2021年8月17日、AP 
記者会見するタリバンのザビウラ・ムジャヒド報道担当者=カブールで2021年8月17日、AP 

 アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは17日、首都カブールで首都制圧後初めて記者会見を開いた。これまで公に姿を見せてこなかったザビウラ・ムジャヒド報道担当者は「すべての人を恩赦した」と述べ、米軍の協力者や政府職員らに報復はしないと表明。前回の政権時(1996~2001年)に抑圧していた女性の権利に関しても配慮すると説明した。融和的な姿勢をアピールすることで、近く樹立される政権について国際社会から承認を得たい思惑があるとみられる。

 ムジャヒド氏は女性の権利について「働けるし、教育も受けられる。社会に必要だ」と強調したが、「イスラム法の枠内」との条件を付けた。メディアに関しても「自由で独立した活動を続けられる」とする一方、イスラムの価値に反しない▽公平である▽国益に反しない――の三つが原則だとした。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1410文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集