まん延防止下、居酒屋でパワハラ 警部補を戒告処分 埼玉県警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
埼玉県警本部=鈴木拓也撮影
埼玉県警本部=鈴木拓也撮影

 部下を居酒屋に呼び出して胸ぐらをつかむなどのパワーハラスメントをしていたとして、埼玉県警は18日、大宮署の男性警部補(39)を暴行容疑で書類送検し、戒告の懲戒処分とした。部下の仕事ぶりに腹を立てたといい、「指導のつもりだった。早く一人前にしたかった」と説明しているという。

 県警によると、警部補は5月12日夜、さいたま市大宮区の居酒屋で飲酒した後、…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

ニュース特集