「参加権利奪わないで」 パラ断念方針アフガンの女性選手 ビデオで各国に訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビデオメッセージで東京パラリンピック参加への支援を求めるアフガニスタンのザキア・クダダディ選手=ZAKIAKHUDADADI提供・ロイター
ビデオメッセージで東京パラリンピック参加への支援を求めるアフガニスタンのザキア・クダダディ選手=ZAKIAKHUDADADI提供・ロイター

 イスラム主義組織タリバンの政権奪取による混乱を受け、東京パラリンピック参加を断念する方針のアフガニスタンで、女性選手(23)が18日までに「私は大会に参加する意思がある。私の手をとって助けてください」と各国政府や、女性の権利擁護団体などに支援を求めるビデオメッセージを公表した。欧米メディアが報じた。

 今大会で初採用されるテコンドーに出場予定のザキア・クダダディ選手。参加できればアフガン初の女性パラアスリートとなる。同国西部ヘラート出身で、先週首都カブールに移動し、17日に東京に着く便に搭乗する予定だったが、政変に巻き込まれた。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文649文字)

あわせて読みたい

ニュース特集