新型コロナ 2度目の緊急事態宣言 知事「格別な協力を」 全県に時短や休業要請 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県内に2度目の緊急事態宣言を発令するという政府の決定を受け、県が開いた感染症対策の本部員会議=静岡市葵区の県庁で2021年8月18日、金子昇太撮影
県内に2度目の緊急事態宣言を発令するという政府の決定を受け、県が開いた感染症対策の本部員会議=静岡市葵区の県庁で2021年8月18日、金子昇太撮影

 政府による緊急事態宣言の対象に静岡県が追加されることになり、県は18日の本部員会議で具体的な対応を協議して、スナックなどのカラオケを伴う飲食店に休業を要請することなどを決定した。川勝平太知事は本部員会議後の記者会見で「救える命も救えなくなる。格別な協力をお願いする」と呼び掛けた。【金子昇太】

 まん延防止等重点措置は川根本町を除く34市町が対象だが、緊急事態宣言は全県が対象。飲食店や1000平方メートルを超える商業施設はまん延防止等重点措置と同様に営業時間短縮(午前5時~午後8時)を要請し、酒類の提供の自粛を求める。

 スナックなどのカラオケを伴う飲食店は新たに休業要請するが、カラオケと酒類の提供を自粛すれば営業できる。中小飲食店に対する協力金の最低支給額は緊急事態宣言で1日当たり3万円から4万円に引き上げられる。

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1504文字)

あわせて読みたい

注目の特集