佐賀ふるさと納税、朝来市が事務代行 豪雨災害支援 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 朝来市は、豪雨被害を受けている佐賀県の武雄市、嬉野市、大町町のふるさと納税の受け付け事務の代行を16日から始めた。

 自治体が、ふるさと納税として災害支援の寄付を受け付けた場合、受領証明書の発行などの事務作業が必要になる。被災地では、復旧・復興作業があって手が回らないため、朝来市がその事務処理を代行…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

注目の特集