連載

経済記者「一線リポート」

最前線で取材を続ける毎日新聞経済部記者が交代で執筆します。

連載一覧

経済記者「一線リポート」

英でうどん、出店攻勢 コロナで賃料割安 味、好み反映

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
英国1号店として開店した丸亀製麺の店舗=ロンドン市内で2021年7月26日、横山三加子撮影
英国1号店として開店した丸亀製麺の店舗=ロンドン市内で2021年7月26日、横山三加子撮影

 日本のうどんチェーン店の英国への進出が相次いでいる。欧州でラーメン人気は定着したが、うどんの知名度は低い。新型コロナウイルス禍にもかかわらず、出店計画は強気らしい。果たしてどんな戦略を練っているのか。気になって、ロンドン市内の店舗に出かけてみた。

 7月26日正午。ロンドン中心部のリバプールストリート駅近くに讃岐うどん専門店「丸亀製麺」の英国1号店が開店した。客の目の前でうどんをゆでたり、天ぷらを揚げたりするスタイルは日本の店舗と変わらない。友人と来た大学生、アバニサ・マヘッスラーさん(19)は「知らない食べ物に関心があるので来ました。強い歯ごたえも好きです」と楽しんでいた。

 丸亀製麺現地法人のキース・バード最高経営責任者(CEO)は「英国や欧州の人たちにどれだけうどんが受け入れられるか楽しみです。まずはうどんを体験してほしいです」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1713文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集