特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

「何もかも終わった」 アフガン政府職員、涙流し胸の内語る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
治安部隊とタリバンの戦闘で負傷し治療を受ける人=アフガニスタン北部マザリシャリフで2021年8月10日、AP
治安部隊とタリバンの戦闘で負傷し治療を受ける人=アフガニスタン北部マザリシャリフで2021年8月10日、AP

 「何もかも終わってしまった」――。イスラム主義組織タリバンが復権したアフガニスタンの北部マザリシャリフで政府機関に勤める男性が18日、オンライン取材に応じた。タリバンは政権掌握後初の記者会見で「誰にも報復しない」などと表明した。だが、勤務先に現れた戦闘員は身元を確かめるような質問をしていたといい、男性は「怖くて仕方がない」と、涙ながらに胸の内を語った。

 タリバンは1994年に結成され96年に政権を樹立。だが、2001年9月の米同時多発テロの首謀者で、国際テロ組織アルカイダ指導者のウサマ・ビンラディン容疑者をかくまったとして米英軍の攻撃を受け、政権を追われた。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文862文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集