特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

ガニ元大統領、UAEに滞在 出国は「流血と混乱を避けるため」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンのガニ元大統領=AP
アフガニスタンのガニ元大統領=AP

 イスラム主義組織タリバンによるアフガニスタンの首都カブール侵攻を受け、国外に脱出していたアフガンのガニ元大統領について、アラブ首長国連邦(UAE)政府は18日、入国を認めたと発表した。ガニ氏は同日、UAEからフェイスブックに投稿した動画で、自身の出国は「流血と混乱」を避けるためだったと改めて強調し、近日中の帰国を目指す意向を示した。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラによると、ガニ氏は投稿した動画で「権力闘争でカブールを(内戦の続く)イエメンやシリアにしてはならないとして、出国を強いられた」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文517文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集