特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「3回目ワクチン」の波紋 デルタ株が浮き彫りにする世界の格差

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種=手塚耕一郎撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種=手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスワクチンの2回接種が完了した人に、「3回目」を追加接種する動きが先進国を中心に広がっている。バイデン米大統領は18日の演説で、9月20日の週から3回目接種を始めると表明。急拡大するインド由来のデルタ株を念頭に「身を守る最善の方法」と強調した。しかし、先進国が3回目接種を急げば、1回目分すら行き渡らない途上国での接種がさらに遅れるとの批判もある。各国の動きを探った。

米国、2回目接種から8カ月経った成人対象に

 先進国で主力の米ファイザー社製と米モデルナ社製のワクチンは、いずれも2回接種で免疫が十分つくとされている。米食品医薬品局(FDA)は今月12日、免疫力が低下した人に限定して「ブースター」と呼ばれる追加接種を許可したが、その時点では該当者以外は「現時点で不要」としていた。

 バイデン氏の演説に先立ち、米疾病対策センター(CDC)やFDAの専門家は18日、追加接種に関する共同声明を発表した。デルタ株のまん延により、ワクチンの効果が「時間の経過とともに低下し始めていることが非常に明確」とした上で「防御を最大化し、持続させるためブースター接種が必要」と明記。対象者をファイザー社製とモデルナ社製の2回接種完了から8カ月が経過した全成人とし、まず医療従事者や医療・介護施設に入居する高齢者らから始める枠組みを示した。

 米政権が今回注目した研究の一つが、今月に入って公表された…

この記事は有料記事です。

残り2176文字(全文2775文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集