特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ホームレスにワクチン支援 北九州市、抱樸と協力 2会場で接種へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種=手塚耕一郎撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種=手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスのワクチンについて、住民票のないホームレスの接種希望者が受けられるよう、北九州市など福岡県内の自治体が支援団体と連携するなどして情報提供や接種券の準備を進めている。

 接種券は住民票登録に基づいて各自治体が発行しており、住所がなければ券が届かず、情報も不十分だ。厚生労働省は各自治体に対し、支援団体などと協力して接種機会を確保するよう通知している。

 北九州市はホームレス支援に取り組むNPO法人抱樸(ほうぼく)(八幡東区)と協力し、9月4、25日に市内2会場で接種する。抱樸が8月20日夜の炊き出しと同24日の相談会で取りまとめた希望者のリストを基に市が接種券を発行し、抱樸経由で届ける。市外に住民票を置いたまま市内で寝泊まりする人にも柔軟に対応するという。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文630文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集