特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

本塁打も快投も…ノーゲームが生んだ「幻の記録」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日大東北-近江】三回裏近江2死、井口が左越え本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年8月19日、平川義之撮影
【日大東北-近江】三回裏近江2死、井口が左越え本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年8月19日、平川義之撮影

 第103回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、1回戦最後の試合、日大東北(福島)―近江(滋賀)の第1試合は1―0でリードした近江が攻撃中の五回裏2死満塁の場面で雨のため中断となり、その後、降雨ノーゲームが決まった。

 今大会の降雨ノーゲームは12日の1回戦、明桜(秋田)―帯広農(北北海道)に続き2試合目。ノーゲームは公式記録に残らないため、またも「幻の記録」が生まれた。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文921文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集