大型タペストリー、米沢の紅花をPR 高校生、市民の手借り刺し子作品 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
紅花で染めた糸を使った刺し子で制作中のタペストリー=山形県米沢市で2021年8月16日、佐藤良一撮影
紅花で染めた糸を使った刺し子で制作中のタペストリー=山形県米沢市で2021年8月16日、佐藤良一撮影

 米沢市の刺し子工房「創匠庵」で、米沢工業高の生徒らが工房の畑で収穫した紅花で糸を染色し、刺し子作品を制作した。「米沢の紅花」をアピールしている市、生徒、市民らが共同で取り組むプロジェクト。

 同校専攻科の生徒2人が16日、紅花で作った「紅餅」をちぎって水に浸し、クエン酸や炭酸カリウムを使って液を赤く発色…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集