戦後76年

石油代替、市川のクロマツ71本 松ヤニ採取跡、苦境語る 市民団体調査「遺産保全を」 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
クロマツに残された松ヤニ採取跡=千葉県市川市新田で2020年7月20日午後2時31分、小林多美子撮影
クロマツに残された松ヤニ採取跡=千葉県市川市新田で2020年7月20日午後2時31分、小林多美子撮影

 太平洋戦争末期、不足した石油の代替品に使うため松ヤニを採取した傷痕が残る市川市のクロマツについて、同市の市民団体「市川緑の市民ファーラム」が、市内での分布の状況や市民への聞き取りなど調査結果をまとめた報告書を作成した。戦争の歴史を伝える遺産として、クロマツの保全や平和学習への活用などを求める要望書とともに同市と市教委に12日に提出した。【小林多美子】

 松から採れる油は「松根油(しょうこんゆ)」と呼ばれる。資源に乏しい日本は戦争末期に戦闘機の燃料などの調達が難しくなり、松根油の増産に市民が駆り出された。後に松ヤニも採取の対象となり、松の幹に矢羽根状などの傷をつけて採取する作業に子どもや主婦も動員された。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文901文字)

あわせて読みたい

ニュース特集