特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 第7日の見どころ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <夏・甲子園2021>

 (左が一塁側)

 ○…2回戦…○

 ▽第3試合(13時)

樟南(鹿児島)―三重(三重)

 樟南の左腕・西田対三重打線の構図だ。

 西田は最速145キロの直球に、スプリットなど6種類の変化球を操る。鹿児島大会全6試合をほぼ一人で投げ7失点と安定感があり、与四死球5と制球もいい。バックも1失策で支え、守りを重視する伝統は健在だ。

 三重は地方大会全6試合で2桁安打を放ち、今大会代表校トップのチーム打率5割1分を誇る。主将の池田が4番に座る打線で先手を奪って、2年生エース右腕の上山、左腕の辻らの継投に持ち込みたい。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文512文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集