コロナ「妙薬」手探り 抗体カクテル療法、効果実感 安定供給、施設確保に懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「抗体カクテル療法」について語る大阪市立十三市民病院の西口幸雄病院長=大阪市淀川区で2021年8月13日、菱田諭士撮影
「抗体カクテル療法」について語る大阪市立十三市民病院の西口幸雄病院長=大阪市淀川区で2021年8月13日、菱田諭士撮影

 新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増え、患者の重症化と医療体制の崩壊を防ぐ切り札として軽症・中等症患者向けの治療法「抗体カクテル療法(ロナプリーブ)」が注目を集めている。海外の臨床試験では重症化リスクを7割減らすとの報告があり、トランプ前米大統領が投与を受けたことでも知られる。日本政府も積極的な実施を呼びかけているが、効果はどうなのか。大阪のコロナ治療の最前線で、当事者に話を聞いた。

 「点滴を打ってすぐに体が軽くなった。これほど効くとは思わなかった」。難病の「拡張型心筋症」の基礎疾患がある大阪府豊中市の会社員男性(37)は、7月29日に国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で抗体カクテル療法を受け、予想以上の効果に驚いた。

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1667文字)

あわせて読みたい

注目の特集