特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン接種、10月末に国民の7割完了の見込み 政府試算

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸=本社ヘリから
首相官邸=本社ヘリから

 今後のワクチン接種率の見通しについて、政府は当面の試算をまとめた。政府内で現実的と位置づける試算では、2回目接種を終える人は9月末で全国民の60%、10月末では71%となる見込み。ただし、海外では若い人への接種が伸び悩んでおり、試算通りに進むかは不透明だ。

 菅義偉首相は10月初旬までに全国民の8割が2回接種を受けられる体制を整えるとしている。これまで具体的な試算がなく、地元の有権者から説明を求められる自民党の要望などを受けて作成した。

 試算は、現在の接種回数(1日120万回)が続くと仮定したケースと、若い人への接種が伸び悩むとして9月以降は毎週5万回ずつ減ると仮定した「現実的なケース」(政府関係者)の2種類を想定。現実的なケースでは、8月末までに1回目の接種を終えるのは全国民の60%、2回目接種が完了するのは47%と推定。緊急事態宣言の期限となる9月12日は65%と52%、9月末は71%と60%、10月末は80%と71%にそれ…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文605文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集