豪で最大級のハマサンゴ発見 直径10m、推定年齢400歳超

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オーストラリアのグレートバリアリーフで見つかった巨大サンゴ(Woody Spark氏提供)
オーストラリアのグレートバリアリーフで見つかった巨大サンゴ(Woody Spark氏提供)

 オーストラリアにあるサンゴ礁グレートバリアリーフで最大級となるハマサンゴの仲間が見つかったと、環境団体などのチームが19日付英科学誌電子版に発表した。直径が最大10・4メートル、高さ5・3メートルの半球状で、推定年齢は421~438歳。状態は良好だが、今後は地球温暖化に伴う白化現象などの被害が懸念…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

ニュース特集