特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガンからの米軍空輸、態勢着々 1日6000人退避へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンのカブールにあるハミドカルザイ国際空港で飛行機に搭乗する準備をする民間人=2021年8月18日、AP
アフガニスタンのカブールにあるハミドカルザイ国際空港で飛行機に搭乗する準備をする民間人=2021年8月18日、AP

 米国務省のプライス報道官は19日の記者会見で、イスラム主義組織タリバンが復権したアフガニスタンの首都カブールの国際空港で約6000人の搭乗準備が終了し、順次国外退避することを明らかにした。これまでは1日2000人規模だったが、米軍による空輸態勢が整いつつある。

 国防総省によると、米東部時間19日午前までの24時間以内に12機のC17輸送機で約2000人が国外に運ばれた。14日に退避活動が始ま…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集