「混乱極めた」オンライン授業巡り、大阪市長批判の小学校長処分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市役所=本社ヘリから加古信志撮影
大阪市役所=本社ヘリから加古信志撮影

 大阪市立小中学校が4~5月の緊急事態宣言下に実施したオンライン学習を巡り、「学校現場が混乱した」などと指摘した提言が地方公務員法が禁じる信用失墜行為に当たるとして、市教育委員会は20日、市立木川南小(淀川区)の久保敬校長(59)を文書訓告にした。松井一郎市長は校長の対応を批判していたが、専門家は「どのような混乱があったのか調査すべきだ」と指摘し、処分を疑問視している。

 市教委は4月、松井市長による突然の方針表明を受け、原則としてオンライン学習を実施するよう各校に通知した。しかし、多くの学校でネット環境が整っていなかったため、授業動画の視聴にとどまるなど満足に実施できず、学校現場や保護者から不満の声が上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1034文字)

あわせて読みたい

注目の特集