ゴリさん、自身の感染体験語る 沖縄知事と対談 感染防止訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ガレッジセール」のゴリさんとオンラインで対談する沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2021年8月20日午後3時25分、遠藤孝康撮影
「ガレッジセール」のゴリさんとオンラインで対談する沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2021年8月20日午後3時25分、遠藤孝康撮影

 「自分はかからないだろうと思っていた。永遠にこの苦しみが続くのかという恐怖に24時間支配される」。沖縄県出身のお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさん(49)が20日、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事とオンラインで対談し、4月に新型コロナウイルスに感染した体験を語った。自身の感染で家族の生活にも大きな支障が出たことを振り返り、感染防止策の徹底を呼び掛けた。

 沖縄県は爆発的な感染拡大が続き、人口当たりの1週間の新規感染者数は全国ワーストの状態にある。対談は、ゴリさんの体験を通して感染防止の必要性を知ってもらおうと、県が企画した。後日、「YouTube」で公開する。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文977文字)

あわせて読みたい

注目の特集