特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 感染妊婦に危機感 患者急増、専門病床不足

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナに感染した妊婦が産んだ新生児をケアする部屋=東京都板橋区の日本大板橋病院で2021年8月18日、共同
新型コロナに感染した妊婦が産んだ新生児をケアする部屋=東京都板橋区の日本大板橋病院で2021年8月18日、共同

 新型コロナウイルス感染の急拡大で病床が逼迫(ひっぱく)する中、感染した妊婦の受け入れ先の確保が難しくなっている。千葉県柏市ではコロナに感染した妊婦の受け入れ先が見つからず、自宅療養中に出産した乳児が死亡する事態が発生。国は受け入れ態勢の整備を都道府県に改めて要請したが、病床や対応できる医療スタッフが不足しており医療機関は危機感を募らせている。

 今月初旬にコロナの感染が判明した妊娠7カ月の東京都の女性(33)は、自宅療養を始めてから4日目の夜、せきが止まらず呼吸が苦しくなったため保健所に連絡した。救急隊が来たものの、1件目の病院で受け入れを断られ、出産予定だった病院でたまたまベッドに空きがあったため入ることができた。病院での診断によると、肺炎を起こしており酸素投与の必要な「中等症Ⅱ」だった。女性は取材に「千葉県のケースは同じ妊婦としてひ…

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1333文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集