イラク製油所改良に最大327億円 外相会談 茂木氏が支援約束

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茂木敏充外相
茂木敏充外相

 中東歴訪中の茂木敏充外相は21日(日本時間同)、イラクの首都バグダッドを訪問し、サレハ大統領、カディミ首相、フセイン外相とそれぞれ会談した。日本の外相のイラク訪問は2006年8月の麻生太郎外相(当時)以来15年ぶり。茂木氏は、イラクの製油所改良事業に最大327億円の円借款を供与すると伝達。イラク支援を継続する方針を強調した。

 日本外務省によると、茂木氏とフセイン氏は約1時間20分会談した。茂木氏が円借款方針を伝えたほか、フセイン氏は日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」の理念に理解を示した。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文504文字)

あわせて読みたい

注目の特集