洋上風力発電の建設着々 秋田港・能代港に日本最大級を33基

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
風力発電機の工事現場に近い公園に集まった市民ら=秋田市飯島で2021年8月19日午後2時0分、猪森万里夏撮影
風力発電機の工事現場に近い公園に集まった市民ら=秋田市飯島で2021年8月19日午後2時0分、猪森万里夏撮影

 秋田港などで大規模な洋上風力発電所の建設が進められている。4・2メガワットという日本最大級の風力発電機を秋田港と能代港に合わせて33基設置するもので、来月上旬には風車の土台となる基礎工事を終える予定。

 19日には、13基の風車が設置される予定の秋田港で、陸地に近い9基目の基礎工事が行われた。現場近くにある「飯島サンセットパーク」には、「由利本荘・にかほ市の風力発電を考える会」(佐々木憲雄代表)…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集