特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ エクモ装着、100人超 若年層増え全国最多

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使った新型コロナウイルス感染症患者の治療の様子=埼玉県川口市で2月(かわぐち心臓呼吸器病院提供・画像の一部を加工しています)
人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使った新型コロナウイルス感染症患者の治療の様子=埼玉県川口市で2月(かわぐち心臓呼吸器病院提供・画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスに感染し、重症化した場合に命をつなぐ「切り札」となる人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使う人が、全国で100人超と過去最多になっていることが分かった。災害レベルとされる流行「第5波」が猛威を振るう中、専門医は「日常生活で普通に元気に過ごしていた、より若い人が感染し、病状が悪くなるケースが増えている」として、感染予防を訴えている。

 集中治療の専門家らでつくる「日本ECMOネット」によると、19日現在でエクモを使っている人は117人。100人を超えたのは第5波が初めてで、7月末以降、急激に増えている。年代別では50代が多いが20代でも使う人が出ており、インド由来のデルタ株の広がりが影響している可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文457文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集