連載

壊滅作戦の行方

「工藤会」トップの野村悟被告に対する裁判と、警察と検察の「頂上作戦」に迫りました。

連載一覧

壊滅作戦の行方

証拠なき直接指示 共謀成立可否争点に 工藤会トップら24日判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡地裁=福岡市中央区で
福岡地裁=福岡市中央区で

 全国で唯一の特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟(74)とナンバー2で会長の田上不美夫(65)両被告の判決が24日、福岡地裁で言い渡される。野村被告には死刑、田上被告には無期懲役などが求刑される一方、両被告は無罪を主張しており、地裁の判断が注目される。

 4事件の実行役などの組員らは有罪判決が出て一部は確定している。両被告の直接的な指示を示す証拠がない中で、組員らとの共謀が成立するかどうかが争点となる。指定暴力団の現役トップに死刑が求刑されたのは初めてとみられ、判決が今後の暴力団捜査に影響を与える可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文875文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集